アルコール依存症とは? ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)

飲酒のコントロールを喪失する病気で、薬物依存の一つ。「わかっちゃいるけどやめられない」状態で、本人もほどほどに飲もうと節酒を試みるが成功しない。一般的には「だらしない」「意志が弱い」と思われがちだが、これは病気の症状である。断酒すれば回復できるが、飲み続けていると病気は進行し、肝臓病やがんなどさまざまなアルコール関連疾患を併発し、社会的信用を失い、家族を巻き込みながら死に至る。うつとの合併、自殺、事故死も多い。現在、日本にはアルコール依存症者とその予備軍が450万人いるといわれている。

発症プロセスは――日々飲み続けているうちに量が増える(耐性の強化)→アルコールがないと物足りなく感じる(精神依存)→アルコールが抜けるときに汗・悪寒・手の震え・不安・イライラなどの不快な症状が出るようになる(身体依存)。この不快な症状は離脱症状と呼ばれ、重篤になると全身の震えや幻視・幻聴も出現するが、迎え酒ですっきりおさまるのが特徴。そのため、やめようとしてもまた飲んでしまうという悪循環に陥る。専門治療が必要である。

アルコール依存症者の周囲は、事態の悪化を防ぐため、本人の飲酒や行動をコントロールしようとするがうまくいかず、むなしさや怒りを募らせつつ後始末に追われることになる。この「尻ぬぐい」によって、本人は問題に直面せず、飲み続けるという悪循環が起きてしまう。また、酔いにまかせた暴言・暴力によって、家族がストレス障害に陥ることもよくある。この状況の中で育つ子どもたちは、不健康なストレス対処や人間関係を学習することになりがちである。これが、世代を超えて依存症が連鎖する背景ともなる。「アルコール依存症は家族の病気」であり、家族への援助が欠かせない。